頓知(経験共有)

ウェブディレクターのナレッジシェア。まじめな実験室。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
test
tokkyo
parts
RECOMMEND
テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0
テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0 (JUGEMレビュー »)
Joseph Jaffe, 織田 浩一
アメリカ事情で書かれているので割りと、ん??と思ったり、誤植や、誤訳が若干目に付きますが、半年後読んだらつまらない、今読むべき本。
ウェブや広告に従事している人は必読かと。
RECOMMEND
プロセス オブ ウェブデザイン 企画からデザインへ 落とし込みの技術
プロセス オブ ウェブデザイン 企画からデザインへ 落とし込みの技術 (JUGEMレビュー »)
WEB CREATORS LAB.
全体企画とcase2 東葛映画祭(現東葛国際映画祭)の執筆を定金が担当しました。
本の企画は初めてでしたが非常に興味深い世界でした。
RECOMMEND
テトリスDS
テトリスDS (JUGEMレビュー »)

もう駄目です。
わざと時間をずらして海外の荒くれモノと対戦するのが面白すぎます。

定金友達コード
020735
342972
RECOMMEND
ニュー・スーパーマリオブラザーズ
ニュー・スーパーマリオブラザーズ (JUGEMレビュー »)

もっさりしてるけどやってみたらやっぱりおもろい。
Bボタンおしっぱで駆け抜けたスピードアディックには物足りないかも。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< ネットと現実の融合 | main | インスパイアとかオマージュとかパクリとかの恐怖2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| スポンサードリンク | - | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク



インスパイアとかオマージュとかパクリとかの恐怖
2005年の最優秀ミュージックビデオはYUKIの『JOY』!
ととある友人に聞いてyoutubeで見ました。(をい)
その印象を書こうとおもって、一応調べてみたところ、
同じようなこと感じている人がいたのでリンク。

http://ameblo.jp/magician/entry-10010307985.html

yukiのjoyを見直してみた。

ミシェルゴンドリーは音と絵のシンクロ。気持ちよし。
カイリーミノーグは絵が持たないから使ってる感じ。
いっぱいいなくてもえんとちゃう?
yukiはダンスをグラフィックやパターンに昇華させている。
あえてアナログ表現、的なのが生生しくて良い。
野田凪さんラフォーレの黒子グラフィックイメージにも近いものを感じる。(イメージ見つからず)

僕はミシェルゴンドリーのクリエイティブが一番ぐっとくる。
脳みそ的にわかりやすいし意味がある。

経験や見てきたものを昇華させる方法論を考えさせられる良いきっかけでした。
そういえば全く人の音楽を聞かないミュージシャンがいるって話も聞いたことがあるな・・・。

| 定金 基 | メモ | comments(3) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク



スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク



+39 (2006/05/02 2:48 PM)
初めてコメントを書いてみる。
個人的な感想ですが、それほど類似性は無く、解釈もかなり違っているようにかんじました。
daft punkは要素のデバイス化をオールドスタイルで表現(クラフトワークとかその辺で似たようなのがありそう)、カイリーミノーグは一般的な古き良きモード。yukiは劇場系パントマイム止まり。あまり映像に特化した表現ではないなぁと思いました。
まぁyukiよりも浜崎あゆみとマドンナの関係のほうが目を見張るものがありますが・・・。
パクリなのか、吸収なのかの判断は難しいところですよねぇ・・。
magician (2006/09/24 3:35 AM)
こんにちは、エントリを紹介いただいて、ありがとうございます。ミシェルゴンドリーも、野田凪さんも同じパルチザン<http://partizan.com/partizan/home/>に所属しているから・・・というような影響もどこかありそうですね。
え〜 (2012/02/12 1:09 PM)
+39さんの前半に同意。
ちょっとカイリーに失礼な感じですね。









url: http://tonchi.jugem.jp/trackback/59