頓知(経験共有)

ウェブディレクターのナレッジシェア。まじめな実験室。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
test
tokkyo
parts
RECOMMEND
テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0
テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0 (JUGEMレビュー »)
Joseph Jaffe, 織田 浩一
アメリカ事情で書かれているので割りと、ん??と思ったり、誤植や、誤訳が若干目に付きますが、半年後読んだらつまらない、今読むべき本。
ウェブや広告に従事している人は必読かと。
RECOMMEND
プロセス オブ ウェブデザイン 企画からデザインへ 落とし込みの技術
プロセス オブ ウェブデザイン 企画からデザインへ 落とし込みの技術 (JUGEMレビュー »)
WEB CREATORS LAB.
全体企画とcase2 東葛映画祭(現東葛国際映画祭)の執筆を定金が担当しました。
本の企画は初めてでしたが非常に興味深い世界でした。
RECOMMEND
テトリスDS
テトリスDS (JUGEMレビュー »)

もう駄目です。
わざと時間をずらして海外の荒くれモノと対戦するのが面白すぎます。

定金友達コード
020735
342972
RECOMMEND
ニュー・スーパーマリオブラザーズ
ニュー・スーパーマリオブラザーズ (JUGEMレビュー »)

もっさりしてるけどやってみたらやっぱりおもろい。
Bボタンおしっぱで駆け抜けたスピードアディックには物足りないかも。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| スポンサードリンク | - | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク



ウェブディレクターの素養を図るには、そして
何度も語られていることだとは思うが、
以下のエントリーを読んだので、
http://www.enpitu.ne.jp/usr6/bin/day?id=60769&pg=20080226

仲畑さんの事務所でコピーライターを募集した時の質問だ。仲畑さんの質問をご紹介する前に、一瞬自分で考えてみて下さい。
「もし自分が経営者でコピーライターの社員を雇う場合、あなたは入社試験でどんな質問をするでしょうか?」
 質問自体はコピーライターの専門家でなくても何とか考え出せるものだ。だがよい答は難しい。
 仲畑さんの質問は「あなたがいいと思うコピーを10個書いてください」というものである。仲畑さんによれば、この答を聞いただけでだいたい能力がわかるというのである。もしあげた10個のコピーがセンスの悪いものだとすればその人に見込みはない。センスの悪いコピーライターを雇ってしまえば、その人に毎月払う給料はドブに捨てているようなものだ。経営者にとっては深刻な問題である。



先に書いておくが、
僕はウェブディレクターは
良いサイト10個を押してください、
ではイマイチなのではないかと思う。
むろんそれは最低限(微妙だか)なのかもしれないと言い訳を入れておいて、

もう少し大きな枠組みの方がいいのかもしれない。

もちろん
好きなジャバスクリプトを生かした仕組み10選、
フラッシュなどを使った工夫10選、
でもいいだろう。
クライアントを満足させるツールをいくつ持っているか
探せるかという点で考えるならだ。

ただ、僕は敢て、
好きな大ヒットを10選、
というのはどうかと思う。

評価の集中、こそがウェブサービスとするなら
あらゆる分野のヒットを知って、
好きなものを選べれば面白いと思う。
ヒット=売れている
とするが、ユーザーからの評価を多く得ていることでもいい。
その目安もちょっとメモ書きでもしてくれるといいなあと思う。
大多数が振り向かなくてもヒットはある。
ヒットの構造をつかむことができたディレクターが
アイデアを立てられるのではないか。

(マスコミの不用意な後押しを通っていなければいないほど、高評価。)

さて、大手ウェブ制作会社はどんな試験をやっているのだろうか。
(グーグルの試験のようなものだろうか)

JUGEMテーマ:インターネット



| 池田研一 | 情報教育 | comments(0) | trackbacks(1) | このエントリーを含むはてなブックマーク